言語を選択してください

  • 日本語
  • 中文
若返り

(アンチエイジング)

身体
発毛外来
その他

下眼瞼脱脂

下眼瞼脱脂

下眼瞼脱脂とは

下眼瞼脱脂は、下まぶたに脂肪が袋のように溜まって目立つ、下まぶたのふくらみがくまに見えて老けた印象に見えるなど、下まぶたの脂肪のふくらみにお悩みの方におすすめの施術です。
余分な脂肪を取り除くことにより、たるみによる老けた印象の改善や、目元のくまやくすみの解消などが期待できます。
施術は、下まぶたの裏側(結膜側)を5~6mm程切開し、膨らんだ余剰な脂肪を取り除きます。下まぶたの裏側(結膜側)を切開するため外側には傷ができません。そのため抜糸が必要ありません。
たるみも多く皮膚の切除が必要な場合は、下眼瞼たるみ取りと併用となります。
※脱脂の場合は、脂肪の膨らみが減った分、目の下の凹みや小じわが見えてしまうことがあります。

こんな方にお勧め

  • 目の下に脂肪のふくらみがある
  • 目の下にふくらみの影があり、クマのように見える
  • 目の下の脂肪の影で疲れた印象に見えてしまう

施術方法

状態が軽度の場合は、FGF(線維芽細胞増殖因子)注入により改善できる場合もありますが、加齢による脂肪のたるみは、脂肪取りの施術が有効になります。
施術方法は、たるみや脂肪の状態により単体で行う治療や、組合せによる治療など様々です。

下眼瞼脱脂

下眼瞼脱脂は、下まぶたの裏側(あっかんべーをした時に見える赤い部分)を数ミリ切開し、膨らんだ余分な脂肪を取り除いていきます。
この場合は抜糸が必要なく、30分ほどで施術が終わるかなりお手軽な施術です。
目の下のたるみ、膨らみでお悩みの方にはとてもおすすめの施術です。

下眼瞼脱脂+FGF注入

脂肪が前方に突出しているが、たるみが軽度の場合、下眼瞼脱脂で余分な脂肪を取り除き、くぼみやシワの部位に、FGF(線維芽細胞増殖因子)注入でハリを甦らせます。

効果

脂肪の突出による影や凹みが改善されることにより、スッキリとした若々しい目元に生まれ変わります。

症例写真

下眼瞼脱脂

下眼瞼脱脂の症例写真

この患者様は目の下の膨らみを気にされていました。この目の下の膨らみは余分な脂肪によるもので、ベルクリニックでは下眼瞼脱脂をお勧めいたしました。
施術時間は30分程度で抜糸の必要がなく、傷口も見えないため、遠方の方でも安心して受けていただくことができる施術です。
下眼瞼脱脂で膨らみを取り除いたことで目元がすっきりし、疲れているような印象も改善しました。

下眼瞼脱脂+FGF注入

下眼瞼脱脂+FGF注入の症例写真

この患者様は目の下の膨らみのせいで疲れたような顔に見えてしまうのが気になるとのことで来院されました。
ベルクリニックでは、脂肪による膨らみには下眼瞼脱脂、その下の凹みにFGF注入を行う方法をお勧めいたしました。
FGF注入は注入してから2~3週間で細胞増殖因子が働きかけ、コラーゲンやエラスチンが増殖し徐々に膨らんでいきます。増殖した細胞はヒアルロン酸注射のように吸収されず、効果は約3~5年と長期間持続します。
この方の様に膨らみの下が凹んでいる場合、下眼瞼脱脂と同時にFGF注入も行ったほうがよりキレイでフラットになります。

ドクターによる下眼瞼脱脂入のわかりやすい解説

ベル美容外科クリニック常勤治療責任者 飯塚 雄久

下眼瞼脱脂は安心なドクターに!

下眼瞼脱脂とは下瞼に脂肪がたまり(眼窩脂肪といいます)、袋状にたるんでしまった部分を除去する施術です。
ベル美容外科クリニックでは「眼窩脂肪って除去しても本当に大丈夫ですか?」というご相談を頂きます。
みなさまが思っている以上に余剰な脂肪は身体に必要なく、取りすぎなければ凹むこともないので大丈夫です。
ただ、眼窩脂肪により皮膚が引き延ばされているため、脂肪が多い方だと脱脂後に皮膚にたるみが生じる場合もあるので、たるみ取りも同時におこなったほうが良いケースもあります。
また、その脂肪の下に凹みが生じているケースもあるので、そういった場合は FGF注入も併用しておこなうとより良い効果が得られます。


下眼瞼脱脂は一度でいいのか?

人によっては、また脂肪が出てくる可能性もありますが、基本的にはほぼ無いと言っていいでしょう。
出てきたとしても再度施術が必要になるほど出てくることはあまり考えられません。


施術中の痛みについて

局所麻酔を使うので、針を刺す時に痛みが少しあるのと、脂肪を取っている時に目の裏が引っ張られるような重い感じがあります。そして脂肪を取ったあと、断端を止血する時に稀にピリッとした痛みが走ることがあります。

施術について

施術の流れ

  1. カウンセリング
  2. 洗顔
  3. 写真撮影
  4. デザイン・マーキング
  5. 点眼麻酔をした後、局所麻酔
  6. 施術(約30分程度で終了)
  7. 必要に応じて冷却を行い、帰宅

効果の持続期間

ふくらみの原因となる脂肪を取り除く事で、長期持続が見込めます。
しかし、加齢によって、たるみなどの変化は出てきます。

施術に関して

施術時間 約30分程度
麻酔 点眼麻酔、局所麻酔
ダウンタイム 腫れは1~2週間程度で落ち着いてきます
施術後、目の周辺に内出血が出ることがありますが、約1~2週間で消失します。
洗顔 翌日から可能ですが、目の周りは強くこすらないようにご注意ください。
メイク 翌日から可能です。
コンタクトレンズ 目にゴロゴロした違和感がなければ、施術の3日目より可能です。
違和感がある場合は、違和感が治まってからご使用ください。
通院 必要ありません。

料金

料金の詳細に関しては料金表を御覧ください。

無料お問い合わせ

お電話かメールでカウンセリングのご予約やご相談、資料請求などができます。
お電話の際は、「ウェブサイトを見た」と言うとスムーズに進みます。

下眼瞼脱脂は、下まぶたに脂肪が袋のように溜まって目立つ、下まぶたのふくらみがくまに見えて老けた印象に見えるなど、下まぶたの脂肪のふくらみにお悩みの方におすすめの施術です。 余分な脂肪を取り除くことにより、たるみによる老けた印象の改善や、目元のくまやくすみの解消などが期待できます。