老化のイメージを強く与えてしまう”目の下の膨らみ”を改善

下眼瞼脱脂は、下まぶたに脂肪が袋のように目立ってしまったり、膨らみがクマの様に見えてしまってお悩みの方にオススメの施術です。余分な脂肪を取り除くことで、たるみによる老けた印象の改善や、目元のクマやくすみの解消などが期待できます。施術は、下まぶたの裏側(結膜側)を5~6mm程切開し、膨らんだ余剰な脂肪を取り除きます。下まぶたの裏側(結膜側)を切開するため外側には傷ができず、抜糸が必要ありません。状態が軽度の場合は、FGF(線維芽細胞増殖因子)注入により改善できる場合もありますが、加齢による脂肪のたるみは、下眼瞼脱脂の施術が有効的です。
※脂肪の膨らみが減った分、目の下の凹みや小ジワが出てきてしまう場合があります。

こんなお悩みをお持ちの方に

目の下に脂肪による膨らみがある
膨らみが影になり、クマのように見えてしまう

施術について
下眼瞼脱脂について 施術の流れ
リスクと副作用 料金表
医師による解説

下眼瞼脱脂の施術方法

下眼瞼脱脂

下眼瞼脱脂は、下まぶたの裏側(あっかんべーをした時に見える赤い部分)を数ミリ切開し、余分な脂肪を取り除きます。この施術は抜糸の必要がなく、手術は30分程度で終了します。目の下のたるみや膨らみでお悩みの方にはとてもオススメの施術です。
下眼瞼脱脂の施術方法

下眼瞼脱脂+FGF注入

脂肪が前方に突出しているが、たるみが軽度の場合、下眼瞼脱脂で余分な脂肪を取り除き、くぼみやシワの部位に、FGF(線維芽細胞増殖因子)注入を注入し、フラットな目元に近付けます。

下眼瞼脱脂の施術の流れ

患者様が安心してご来院いただけるよう、当院のご予約からアフターケアまでの施術の流れをご紹介いたします。

1.ご予約・ご来院

当院は完全予約制です。
ご来院される前にお電話にてご予約ください。
<ご予約・お問い合わせ>
03-6455-3220
受付時間 11:00〜19:00
休診日 日曜日

2.カウンセリング・診察

専門のカウンセラーによる、施術についての具体的なプランや施術料金、お支払い方法、ダウンタイム等のご説明をいたします。また、診察は経験豊富なドクターが分かりやすく丁寧にご説明いたします。
お悩みやご希望をできるだけ詳しく、ご不明点やご不安なことなどもお気軽にご相談ください。カウンセリングの内容でご納得いただきましたら、施術のお手続きとお支払いをしていただきます。

3.施術

洗顔と患者着にお着替えをしていただきます。また、施術前の写真撮影や施術箇所のマーキング等の準備を行います。
※撮影したお写真は、カルテに保存する以外の用途では使用いたしません。(モニター契約での施術を除く。)
施術は清潔なオペ室で行います。施術中は患者様の体調を優先し、安全に配慮し施術を行いますのでご気分が悪くなったり、ご不安になったときは、すぐにお声掛けください。

4.施術後・アフターケア

施術後は個室のリカバリー室でゆっくりとお休みいただき、麻酔が完全に覚めてからのご帰宅となります。ご予定や交通機関のご予約は、お時間に余裕をお持ちいただきお取りください。施術後の経過でご不安なことやご質問等ございましたら、お気軽にご相談ください。

リスクと副作用

手術について

施術期間 1日
施術回数 1回
施術時間 約30分程度
使用する麻酔 点眼麻酔、静脈麻酔、局所麻酔

術後について

抜糸 なし
入院 必要なし
食事制限 なし
飲酒 1週間後から
お化粧 翌日から
洗顔 翌日から
シャワー 翌日から
入浴 1週間後から
洗髪 当日から
運動 1週間は激しい運動を控えてください
マッサージ 目周りを避ければ可能です。
コンタクトレンズ 翌々日から
クーリング 手術当日と翌日は目元を適度に冷やしてください。腫れや内出血が引くのが少し早くなります。
アイスノンなどをタオルにくるみ、軽く押さえる程度に目元に当ててください。
※冷やしすぎは血行が悪くなることがあるので2日目以降のクーリングはお勧めしません。
その他の注意事項 手術当日・翌日は血液が混ざった涙が出てきます。優しくティッシュで拭き取ってください。

ダウンタイムや副作用

痛み 約2〜3日程度
腫れ 約1〜2週間程度
内出血 約1週間〜2週間程度
その他の注意事項 下瞼の裏側に小さな傷があり、傷がふさがるまでは2〜3日程かかります。その間は洗剤やメイク、睫毛などが入らないようにしてください。また、下瞼を下に引っ張らないでください。

料金表

施術内容 価格(税込)
下眼瞼脱脂 ※静脈麻酔代込み ¥308,000
下眼瞼脱脂+FGF注入 ※静脈麻酔代込み ¥371,800

このページの監修医師による解説

下眼瞼脱脂とは、下瞼に溜まった脂肪(眼窩脂肪)によって袋状にたるんでしまった部分を取り除く施術です。下瞼を反転させて眼の結膜側を切開し、余分な脂肪を取り除きます。
ベル美容外科クリニックでは「眼窩脂肪って除去しても本当に大丈夫ですか?」というご相談をいただきます。皆様が考えられている以上に余剰な脂肪は身体に必要なく、取り除き過ぎなければ凹んでしまうことはほとんどありません。
ただ、眼窩脂肪により皮膚が引き延ばされているため、脂肪が多い方だと脱脂後に皮膚にたるみが生じる場合もあるので、たるみ取りも同時におこなったほうが良いケースもあります。
また、その脂肪の下に凹みが生じている場合もあるので、そういった症状には、FGF注入を併用するとより良い効果が期待できます。

下眼瞼脱脂は一度でいいのか?

人によっては、また脂肪が出てくる可能性がありますが、再度、施術が必要になることは比較的少ないと言えます。

施術中の痛みについて

静脈麻酔を使用して施術を行いますので、比較的少ない痛みで手術を受けられます。

ベル美容外科クリニック顧問医 飯塚雄久

常勤治療責任者:飯塚 雄久 / 医学博士

学歴 / 職歴
  • 昭和62年東京慈恵会医科大学卒業
  • 昭和62年東京慈恵会医科大学形成外科入局
  • 平成9年神奈川県厚木病院形成外科責任医長
  • 平成13年高須クリニック勤務
  • 平成19年ベル美容外科クリニック顧問医就任
資格 / 所属
論文

医師紹介ページへ

下眼瞼脱脂TOPへ

下眼瞼脱脂についてこちらも併せてご覧ください
下眼瞼脱脂のリスク・副作用・デメリット 下眼瞼脱脂のよくある質問

下眼瞼脱脂をご覧の皆様へ|ベル美容外科クリニック

下眼瞼脱脂のご案内ページです。下眼瞼脱脂とは下まぶたに袋のように目立つ脂肪や、クマの様に見える膨らみの余分な脂肪を取り除く施術です。たるみや目元のクマやくすみの解消などがあり、ダウンタイムが短いことで手軽に受けていただける施術の一つです。ベル美容外科クリニックでは、エイジングケア、ほうれい線、しわ、シミなどさまざまなお悩みのご相談も承っております。安心・安全を第一に、ご納得いただいてから治療が行えるよう、カウンセリングも行っておりますので、お気軽にご相談ください。

関連記事
疲れ顔から卒業!美容整形ならではの目の下のたるみの治療方法

医療広告ガイドラインの遵守について

ベル美容外科クリニックは、2018年6月に改正・施行された医療広告ガイドラインを遵守しております。
また、当ページは医師免許を持つ、ベル美容外科クリニックの医師監修のもと掲載しています。
詳しくは、当院の「医療広告ガイドラインの運用や方針について」、「医師紹介ページ」をご覧ください。

施術一覧

ベル美容外科クリニックの休診日

2020年 10月
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2020年 11月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2
3
4
5

休診日