言語を選択してください

  • 日本語
  • 中文
若返り

(アンチエイジング)

身体
発毛外来
その他

FGF(細胞増殖因子)注入

FGFは線維芽細胞そのものを増殖させ、組織再生を行う、シワ・くぼみに特化したアンチエイジング!ほうれい線や目元のシワ・たるみの改善はもちろん、目元のくぼみ等にも劇的な効果が期待出来ます!
FGFは線維芽細胞そのものを増殖させ、組織再生を行う、シワ・くぼみに特化したアンチエイジング!ほうれい線や目元のシワ・たるみの改善はもちろん、目元のくぼみ等にも劇的な効果が期待出来ます!
FGF(細胞増殖因子)注入の体験レポート
体験レポート 体験体験談

FGF(線維芽細胞増殖因子)注入とは?

FGF(Fibroblast Growth Factor)とは線維芽細胞増殖因子と呼ばれる人体で作られるたんぱく質の一種で、気になるシワや、くぼみに注入することで線維芽細胞を増殖させ、皮膚組織の再生を行います。これは本来、私たちが持っている創傷治癒*の力に着目した最も新しい再生療法です。
*人体が持つ傷を治す力の事

このFGFを注入することで、ほうれい線や目元のシワ、くぼみの改善はもちろん、額・こめかみ等の立体的なふくらみへも劇的な効果が期待できます。

最近ではグロスファクターメソスキンやPRP(多血小板血漿)などが、多くの美容クリニックでおこなわれていますが、当院のFGF注入は、 それらの美容法とは違い、
線維芽細胞そのものを増殖させ、組織再生を行うしわ・くぼみに特化したアンチエイジングです。

FGFで気になるシワ・くぼみを集中改善!

FGFを注入すると、FGF受容体が各組織に機能UPの司令を出します。

FGF注入で皮膚の再生力、シワ・くぼみに対する部分に集中改善を行います。FGFを直接皮下に注入することにより、下記のように非常に高いお肌の再生効果が期待できます。

  • 血管新生を促進し、
  • 良性肉芽組織を作り、
  • コラーゲン等の弾力性線維を増殖させる
  • 表皮細胞を増殖させる効果があります。

なぜFGFなのか?

真皮の70%はコラーゲン!そしてコラーゲンを生産するのは線維芽細胞

弾力やハリを保つ真皮層の約70%がコラーゲンです。 そして このコラーゲンを生産しているのが線維芽細胞で、ヒアルロン酸やエラスチンなども線維芽細胞が重要な役割を担っています。
しかし、この線維芽細胞が減少すると、肌は弾力を失いシワやたるみを引き起こします。また古いコラーゲンは、新陳代謝を悪化させ、更に肌の老化を招くという悪循環に陥るのです。

衰えた線維芽細胞は、いくらサプリメントでコラーゲンを摂取しても、細胞内に取り込むことはできません。つまり、肌老化とは『線維芽細胞の老化』が原因です。 そして肌老化の最大の原因である『線維芽細胞を再生』にFGF注入をすることで肌は若返るのです。

FGFはこんな方にお勧めです

  • 深く刻まれたシワがイヤ
  • 目の上・目の下のくぼみ
  • 頬がこけてみえる
  • 女性らしい丸みのある顔になりたい
  • ぷっくりした唇にあこがれる
  • 手の甲のシワ・血管がみえる
  • ニキビ跡のクレーター

FGFはさまざまな箇所に注入できます。

ゴルゴライン・ほうれい線
  • 眉間
  • こめかみ
  • 目尻
  • 目の上・目の下
  • ゴルゴライン
  • 頬のくぼみ
  • ほうれい線
  • マリオネットライン
  • 口周り・唇
  • 手の甲

FGFの効果の出かたと注入回数について

  • ヒアルロン酸注入のように注入後すぐに結果は現れず、2週間~1ヶ月程度で効果がみられます。
  • シワや凹みの深さによっては数回FGFを注入していただくことで、より高い効果と満足度を得ることができます。
  • 目の下などの皮膚の薄い部位は、自己組織の増殖度合いによって凸凹が出る場合がありますので、微調整のため再度注入されることをお勧めします。
  • 1回のFGF注入から2ヶ月程度経過した状態であれば、同じ部位に再度注入できます。違う部位へは、期間に関係なく施術ができます。
  • 即効性を求め、すぐにシワ・凹みの改善やボリュームを出したい!という方はヒアルロン酸注入が向いています。
  • 額や眉間などのシワは筋肉の動きも関連しているため、ボトックス注射との併用が効果的です。

FGF注入の特徴

  • FGF製剤を注入するため、幹細胞注入やPRP等と比べると、自己組織の培養や遠心分離などの作業工程において、作業中の人為的ミスによる感染症のリスクがない
  • 自己組織を再生させるため、効果の持続期間が非常に長い
  • シワや凹みだけでなく、目の下のクマにも有効的
  • 今まで手術が必要だったシワや凹みにもFGF注入で改善が可能
  • FGF注入は非常に細い針を使用するため、ダウンタイムも短く、生活に支障が少ない

FGF注入とヒアルロン酸注射との違い

シワや凹みの注入法ではよく『ヒアルロン酸注射』が用いられます。 では、FGF注入とヒアルロン酸注射との違いはいったい何なのかご説明いたします。

ヒアルロン酸注射

ヒアルロン酸のしくみ
  1. 気になるシワや凹みにヒアルロン酸を注入します。
  2. ヒアルロン酸によって下から押し上げられて、シワを薄くします。
  3. ヒアルロン酸は徐々に体内に吸収され、またもとのシワに戻ります。

ヒアルロン酸注入は充填剤として、気になる凹み(シワ)を押し上げる役割です。即時にシワが目立たなくなりますが、成分が序々に体内に吸収され、3ヶ月~半年後には元に戻り、細胞の修復がない為再注入が必要です。 すぐにでも効果を期待される方や一時的に改善を望まれる方に適しています。

FGF(細胞増殖因子)注入

FGF(線維芽細胞増殖因子)注入のしくみ
  1. 気になるシワや凹みにFGFを注入します。
  2. 線維芽細胞が増殖し、血管新生⇒上皮化が行われます。
  3. 自ら生成した良質な組織は、体内に吸収されることなく、コラーゲンに置換され、健やかな組織を持続させます。

FGF注入は、線維芽細胞を増殖させ、あらゆる増殖因子を放出することで血管新生がおこり、皮膚組織を再生します。
再生された皮膚組織は良質で健やかな自己組織であるため、活発的にコラーゲンやエラスチンの生成を繰り返し、抗老化作用で長期的な改善が可能です。

なぜFGF(線維芽細胞増殖因子)を注入するのか?

多くの美容クリニックでは複数のグロースファクター(増殖因子)をカクテルにして気になる部位に注入していますが、当院ではFGF(線維芽細胞増殖因子)のみを注入しています。それは 線維芽細胞に対する増殖促進作用が、「他の増殖因子と比較して非常に強力である」という理由からです。

線維芽細胞の増殖を説明した棒グラフ
上記グラフからもFGFによる線維芽細胞の増殖促進効果が、他の増殖因子と比べてずば抜けて強力であることがお分かりいただけます。 シワやくぼみを目立たなくさせるには、【組織を作る力=再生力】が最も優秀なFGF(線維芽細胞増殖因子)が必要不可欠です。目的は肌のスキンケアではなく、あくまでシワやくぼみの再生なのです。

多血小板療法(PRP皮膚再生療法)

ヒアルロン酸やコラーゲンに代わる新世代のシワ取り注入療法として話題となった【多血小板療法(PRP皮膚再生療法)】は、自身の血液を特殊な遠心分離機にかけ血小板を採取し、気になる部位に注入することで、シワを改善する方法です。多血小板療法では、高濃度(通常の約2~7倍)の血小板血漿が細胞自体にコラーゲンを増殖させるように働きかけ、肌の再生を図るとされています。血小板は細胞成長因子・細胞増殖因子を介し、肌の細胞に働きかけますが、その作用は非常に弱く、肌の細胞を再生する働きはほとんど認められないので、熱傷治療や皮膚潰瘍治療などで用いられることはほとんどありません。ですから深いシワや目の下のくぼみなどには満足できるほどの改善(再生力)が見られない、という患者様の声をよく耳にします。また、遠心分離中に血小板が破壊されてしまうという懸念があります。自身の血小板による治療であるため安心感はありますが、美容(アンチエイジング)としてシワや凹みへの効果を最大限得ることを考えると、最も再生力のあるFGF注入が有効的であると考えます。

注意事項

  • 悪性腫瘍のある部位には注射は出来ません。
  • 注入後2~3時間は患部のお化粧は避けて下さい。
  • 注入当日は飲酒や喫煙、激しい運動はなるべく避けて下さい。
  • 腫れに関しては個人差がありますが、施術後1~2時間がピークとなり、2~3日程で引いてきます。
  • 内出血が出た場合は、1~2週間で消失します。

ドクターによるFGF(細胞増殖因子)注入のわかりやすい解説

ベル美容外科クリニック常勤治療責任者 飯塚 雄久

シワを治療するFGF、培われた熟練の技術がなせる技

FGFは正式名称を塩基性線維芽細胞増殖因子bFGF(basic fibroblast growth factor)と言い、もともと人の細胞から作られる蛋白なのです。
シワを直したいという患者さまに、よく「FGFってなんですか?」と聞かれることがあります。
FGFとは、もともと一般の医療現場で使われていました。
主に、火傷や傷跡など、組織の欠損部分を修復するための治療として利用されていましたが、加齢によるシワもこういった欠損を同じものとして捉え、アンチエイジング分野での活用が広がりました。

弊院では、深いシワの治療にFGFが最適と考えております。
同様の施術で、他院で見られるPRP治療があります。
しかし、一般的なPRP治療(自己多血小板血漿注入)は、基本的に表皮の増殖因子で、深い部分(真皮)への作用はFGFの役割なんです。
弊院では、シワを改善するにはFGF注入がロジック的にも最適だと考えており、それを裏付ける実績もあります。

FGFは実は非常に技術が必要な施術で、未熟な医師が施術してしまうと膨らみすぎてしまう恐れがあります。
しかし、このリスクは注入する医師の知識や経験、技術力などによってリスクの程度は大きく変わります。
弊院では、数万件の症例を通じて十分な検証と経験の結果を踏まえて施術をおこなっていますが、それでも1回目はやや量を抑えて様子をみるようにしています。
もちろん1回で効果が出るように施術をおこないますが、リスクを最大限控えるということは医師として必要な判断だと考えています。

FGF(線維芽細胞増殖因子)注入の症例写真

施術部位:目の下・ほうれい線

目の下のくぼみ・ほうれい線

施術部位:目の下

目の下のくぼみ

施術部位:目の下

目の下のくぼみ

施術部位:ゴルゴライン・ほうれい線

ゴルゴライン・ほうれい線

施術部位:目の下

目の下のくぼみ

施術部位:ほうれい線

ほうれい線

施術部位:ほうれい線

ほうれい線

施術部位:額

額のシワ

施術部位:首

首のシワ

FGF(線維芽細胞増殖因子)の体験談

施術部位/ほうれい線
手軽に悩みが解決し大満足です。
36歳 / 女性 / 東京都
施術部位
ほうれい線
施術を受けようと思われたきっかけは何ですか?
ある日電車のガラスに映る顔を見ると法令線がくっきり目立っていたので
施術を受けていかがでしたでしょうか?
3週間経った頃にはあれだけ気になっていた法令線に目がいかなくなっていたので大変満足しています。
この施術をお受けになって、内面や生活で変わった所はありますか?
コンプレックスが払拭されたことによりストレスがかなり軽減されました。

料金

FGF注入に関する料金一覧は FGFの料金表を御覧ください。

選べる若返り(アンチエイジング)施術

シミにおすすめの若返り(アンチエイジング)施術

MyQ.Dual(マイキューデュアル)YAGレーザー

金の糸美容術

しわにおすすめの若返り(アンチエイジング)施術

FGF(細胞増殖因子)注入

金の糸美容術

水光注射(バイタル インジェクター)

ボトックス注射

全体的な若返り(アンチエイジング)施術

FGF(細胞増殖因子)注入

金の糸美容術

水光注射(バイタル インジェクター)

無料お問い合わせ

お電話かメールでカウンセリングのご予約やご相談、資料請求などができます。
お電話の際は、「ウェブサイトを見た」と言うとスムーズに進みます。

FGF(細胞増殖因子)注入|渋谷の美容整形ならベル美容外科クリニックへ。アンチエイジング、ほうれい線、しわ、シミなどさまざまなお悩みのご相談を承っております。安心安全で適切な治療を行ってまいります。無料オンラインカウンセリングも行っておりますので、お気軽にご相談ください。