痩身のお悩み

「顎のラインをシャープにしたい」「二の腕を細くしたい」「ウエストにくびれがほしい」「ヒップラインが気になる」。
“痩せる”と言っても、憧れのプロポーションは人それぞれ異なります。食事制限や運動でダイエットをしたけれど、気になる部分はなかなか効果が出ない……。そんな方におすすめなのがベルの痩身メニューです。周りにバレたくない、脂肪吸引には抵抗がある、など様々なお悩みに適した施術をご用意しております。

体脂肪とは

体脂肪とは

体脂肪は内臓脂肪と皮下脂肪の二つに分かれています。
内臓脂肪は、胃や肝臓などの周りに付く脂肪であり、男性の方が蓄積しやすいと言われています。皮下脂肪は、その名の通り皮膚のすぐ下にある脂肪で、目に見えやすく指でつまめるのが特徴です。比較的男性よりも女性に多いとされています。
皮下脂肪がつく主な原因は「カロリーの過剰摂取」と「運動不足」です。また、体質的な問題で太りやすい場合もあります。摂取カロリーが消費カロリーを上回ることで余ったカロリーが体脂肪として蓄積され、ウエストやヒップ、太ももにつきやすいのが特徴です。
そんな皮下脂肪ですが、体にとって大切な役割を果たしています。体温を正常に保つ、体を衝撃から守るなどの役割があります。また女性の場合、子宮を衝撃や冷えから守ったり、授乳期に栄養を蓄える働きも担っているのです。
一度つくとなかなか落ちにくいのが皮下脂肪の特徴ですが、前述のように皮膚のすぐ下にあるため、マッサージで脂肪に刺激を直接与えることも可能です。

効果的な治療法

メスを使わない部分痩せ

脂肪の減量と引き締めを同時に叶える

広範囲への施術が可能

医師による解説

当院でご用意している痩身メニューは4種類です。気になる箇所や治療方法のご希望に沿った施術を受けていただきたいと思います。腫れや赤みなどが目立ちやすい顔への施術には、脂肪溶解注射がオススメです。メスを使わないことからダウンタイムが短いとされています。脂肪溶解レーザーは、切開部分が小さく脂肪を吸引しないので、体への負担が比較的軽く、脂肪が薄くついた部分に適していると言えます。脂肪吸引+脂肪溶解レーザーは一度の施術で効果を感じやすいとされています。脂肪吸引にレーザーを合わせることで吸引後の皮膚のたるみを軽減します。部位によって施術方法を変えることも可能です。ぜひご相談ください。
ベル美容外科クリニック顧問医 飯塚雄久

常勤治療責任者:飯塚 雄久 / 医学博士

  • 日本形成外科学会認定専門医
  • 日本美容外科学会 会員
  • 東京慈恵会医科大学形成外科講師

医師紹介ページへ

痩身のお悩みTOPへ

痩身のお悩みをご覧の皆様へ|ベル美容外科クリニック

痩身のお悩みのご案内ページです。

痩身のお悩みは幅広い年齢の方からご相談を受けるお悩みの一つで、当院の痩身メニューは4種類です。気になる箇所や治療方法のご希望に沿った施術を受けていただきたいと思います。

ベル美容外科クリニックでは、アンチエイジング、ほうれい線、しわ、シミなどさまざまなお悩みのご相談も承っております。安心・安全を第一に、ご納得いただいてから治療が行えるよう、無料カウンセリングも行っておりますので、お気軽にご相談ください。
 

その他のお悩み

  1. 首のお悩み

  2. 手のお悩み

  3. バストのお悩み