どこよりも早く『金の糸美容術®専門クリニック』を設立

べル美容外科クリニックは、どこよりも早く金の糸美容術®を取り入れた医療機関です。ロシアで施術を受けるしかなかったこの美容法を、どうにか日本で行えないものかと、設立前より金の糸美容術最大手であるロシアのラ・ストラーダ社と提携し、日々、金の糸美容術®の施術法を研究してまいりました。

他にないオリジナル「 針 」と「 糸 」を使用

ベルクリニックオリジナル針の写真(右)
  • 肌へのダメージを最小限に抑えるために、針を従来よりも細くすることで、ダウンタイムの短縮が可能。
  • 特殊な針先の形状や、強度・長さなどで的確な埋入が可能。
  • 長さを出すことで、針穴が少なくなる。
  • 99.99%の純金の糸で、細さは0.1mm程度(髪の毛ほどの太さ)
  • 完全滅菌包装された針・金糸を使用するため、衛生的である。
  • 純国産の針・金糸のみを使用。

当院の金の糸埋入デザインについて

当院の金の糸埋入デザインは、人それぞれ違います。それは、人それぞれ悩みや気になるところが違うからです。ほうれい線が気になる人もいれば、ダブついたフェイスラインが悩みの人もいます。ですから、埋入デザインも当然変わってくるのです。また、顔の大きさなどによっても、埋入する金の糸の量は若干異なることがあります。しかし、当院では顔が大きいから金の糸の量が多くなってしまい、「追加料金が必要になる!」ということはありません。これは、自社で開発したオリジナルの「糸」と「針」を使用しているからです。当院では、数多くの金の糸美容術の症例数を誇り、その様々なデータによって、適切なデザインや量を決めています。

金の糸の埋入量について

カウンセリングでお伺いする悩みに応じて、金の糸の埋入部位を決めていきます。「決められた一定量を入れておけばいい」ということではなく、「一番高い効果が得られるように、金糸の量をアレンジして入れていく」ことが重要です。

埋入量の違いによるダウンタイムの比較写真

金の糸は、量が多ければ多いほど良いというものではありません。

量が多くなれば

  • それだけ痛みやダウンタイムが長くなる上、
  • それ以上の効果を得られるというものではないのです。

大切なことは

  • いかに負担を少なく
  • 的確な部位に金の糸を埋入し、
  • より高い効果を得られるか

ということです。

PAGE TOP