真皮層への働き

老化した肌が健康を取り戻し、美肌に生まれ変わるまでに、「金の糸美容術®」 はどのようにお肌に働きかけるのでしょうか?線維芽細胞はコラーゲンとエラスチンの産生と分解のバランスを保って、新陳代謝がなされています。しかし、加齢とともに分解が産生を上回ってしまいます。このように、線維芽細胞の衰えが、コラーゲンとエラスチンの減少につながり、肌の張りや弾力性が失われていくことになります。また、ヒアルロン酸の産生も減少するため、肌は潤いを失い、シミ・シワ・たるみのできやすい状態となります。

金の糸を入れると…コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸が豊富に産生される

線維芽細胞が刺激を受け活発になり、コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸が豊富に産生されます。そのため、規則正しく新陳代謝がおこなわれ、張りのある若々しい健康な肌を作り出す効果が期待できます。

金の糸の真皮への働きの写真

表皮層への働き

真皮で作られた栄養分が、表皮に与える影響はどのようなものか?

金の糸を入れると…正常なターンオーバーのサイクルを取り戻す効果に期待

金の糸の真皮への働きの写真

金の糸により、十分な栄養を吸収出来るようになった母細胞は、細胞分裂を繰り返しおこない、新しい細胞を次々と押し上げていきます。一番上の角質層に達した細胞は、ここで丈夫な角質細胞となって、やがて垢としてはがれ落ちていきます。この表皮細胞が生まれてから垢としてはがれ落ちるまでの28日間の新陳代謝のサイクルを「ターンオーバー」と言います。こうして金の糸美容術®によって、正常なターンオーバーのサイクルを取り戻した肌は、健康でみずみずしい状態へと甦っていく効果が期待できます。

表皮の角質層には…

表皮のうち、主に角質層には、新陳代謝の過程で作られる脂肪間脂質「セラミド」と、自然保湿因子「NMF」があります。

セラミド

肌の水分の蒸発を防ぐ保湿機能と、紫外線や細菌などの外部刺激から肌を守るバリア機能を持ち合わせています。

NMF

水分になじみやすく角質間の水分を保持する働きがあります。セラミドとNMFを多く含んだ肌は、健康的でハリのある状態を保つことが出来ます。

PAGE TOP