金の糸美容術®の歴史

クレオパトラ

世界三大美女で知られる古代最後の女王・クレオパトラは、伝説では39歳という若さで自ら蛇の毒で命を絶ったと伝えられています。そのクレオパトラが亡くなった時の素肌は、『15歳の少女のようにみずみずしく、透きとおるような肌であった』ことから、カエサルやアントニウスもその肌の美しさに魅了され、母国ローマとの戦いを起こしたといわています。神秘なる美しさの謎は、クレオパトラの死後も長きに渡り、未知なるベールに包まれていました。しかし、王家の墓を発掘していた考古学者たちにより、棺の中から謎に満ちた大量の金糸が発見されたことで、クレオパトラの美しさの謎を解明する鍵となったのです。金の糸で永遠の若さを手に入れたクレオパトラ・・・。優れた古代エジプトの大いなる遺産が、ついに2千年の時を越え、現代に甦ったのです。

金の糸歴史年表

金の糸論文
  • [紀元前]古代エジプト王妃の棺の中から金の糸くずが発見。~約2000年の時を超え~
  • [1950年]フランスの考古学者が『人体の皮下に金糸を埋入し肌質の改善を図っていたのでは』 との説を唱え、研究を開始する。
  • [1970年]フランスのジーン・コークス医師により『金の糸による肌のアンチエイジング』の臨床をスタートさせ、フランス・ロシア・スペイン・南米で広まる。
  • [1999年]ロシア医学アカデミー外科研究所により『金糸(特殊外科糸)によるアンチエイジング』の論文が発表される。
  • [2002年]ロシア金の糸美容術最大手 ラ・ストラーダ社と独占提携をし、日本における施術について研究をスタートさせる。
  • [2004年]国内初の金の糸美容術®専門クリニック『ベル美容外科クリニック』が開院。金の糸美容術®専用外科針特許出願
  • [2006年]金の糸美容術®とハッピーリフトを組み合わせた『ゴールドハッピー』が誕生
  • [2008年]金の糸美容術®とパルスリポ(厚生労働省医療機器認可)を組み合わせた『ゴールドリポ』 を国内で初めて導入する。
  • [現在]金の糸美容術®の症例は国内トップの7000症例を誇る(2010年7月末現在)
PAGE TOP