目の周りのお悩み

お顔の印象を決める最も重要なパーツは目だと言われています。
10代、20代では多くの方が目をもっと大きくしたい、二重になりたいなどの要望を持っており、30代後半からはそれに加えて目周りのシワ、目の下のたるみ、まぶたの影などのお悩みが非常に増えています。
そういったお悩みを解決することによって、明るく自信に溢れた印象を与えるかもしれません。
当院では患者様の症状やご要望に適した処置をご用意しています。

お悩み別治療法

目を大きくしたい

目を大きくしたい

目を大きくする施術として最も一般的なのが埋没法と切開法です。
二重の線をくっきりと作ることによって目の縦幅が広くなり、目力がアップします。
メスを使うのに抵抗がある方、ダウンタイムが気になる方には埋没法を、まぶたの脂肪が厚い方、半永久的な効果を期待している方には切開法が有効的です。
日本人の約8割が持っていると言われる蒙古ひだ。その蒙古ひだを切開することで両目の距離が近づき、スッキリとした印象になります。
離れ目に悩んでいる方や目つきがきついと感じられている方、平行型の二重を希望する方には目頭切開が効果的です。

目を大きくしたい方へ効果的な施術

目周りのシワ

目周りのシワ

目周りは体の他のパーツに比べて、皮膚が薄く乾燥しやすいデリケートな部分です。
加齢によってターンオーバーが乱れ、角質層の水分が低下することでシワが現れます。
表情筋の運動により深くなるものを表情ジワと言い、表情豊かな人ほど目立つ傾向にあります。
多数の小ジワ、細いちりめんジワが気になる方には金の糸美容術や水光注射、その他の注射をオススメします。

目周りのシワに効果的な施術

まぶたが重い

まぶたが重い

視野が狭くなった、瞼が上がりにくい、左右の目の大きさが違うなどの自覚症状がある場合は、眼瞼下垂の可能性があります。
眼瞼下垂は遺伝や筋肉、神経不全が要因である先天性のものと、老化やコンタクトレンズなどでまぶたを引っ張ってきたことが原因で患う後天性の二つに分類されています。
眼瞼下垂が原因で肩こりや偏頭痛といった健康障害も発生します。
美容的な観点から言っても、まぶたが開きやすくなることでバランスの良いはっきりとした目元に近づくことが期待できます。

まぶたの重みに効果的な施術

上まぶたのたるみ


上まぶたのたるみ

まぶたのたるみは老化に伴い、表情筋の機能が低下することで起きると言われています。
上まぶたが垂れ下がると、視野が狭くなり目を使う時にまぶたを引き上げる動作をします。その結果、おでこのシワの原因にも繋がってしまうのです。
皮膚の厚みやまぶたの状態によって施術方法が変わっていくので、カウンセリングが非常に大切です。
皮膚が伸びることから起きるたるみには、上眼瞼たるみ取りや自然な仕上がりの眉毛下切開がオススメです。目の開きにくさを感じる場合は眼瞼下垂も考えます。

上まぶたのたるみに効果的な施術

目の上の凹み

目の上の凹み

目の上がくぼむと目の周りに影ができ、疲れた印象を与えます。所謂、老け顔になり実年齢より上に見られてしまうことも。
くぼみ目の原因として言われるのが、目の周りの皮下脂肪やコラーゲンの減少、筋肉の衰えなどの加齢によって引き起こされるものです。
また、痩せ型の方は皮下脂肪の不足から、くぼみができやすい傾向にあると言われており、近年では若い世代でも増加しています。
スマートフォンやパソコンを長時間見続けることでまばたきが減り、目の周りの血流が悪くなることが原因とされています。
目の上のくぼみの改善法として、一般的にヒアルロン酸注入と脂肪注入がありますが、当院ではかげりやくぼみが気になる方はFGF注入の施術をオススメしています。

目の上の凹みに効果的な施術

目の下のたるみ・膨らみ

目の下のたるみ・膨らみ

上まぶた同様に、加齢による筋肉の衰えや、コラーゲン、ヒアルロン酸などの減少でハリが失われ、支えられなくなった脂肪が下へと垂れていくことが原因とされています。
目の下の膨らみは目袋と言われ、眼球の下にある眼窩脂肪が筋力の低下で前に突出してしまった状態のことを指します。疲れて見えたり、老けた印象になる原因の一つです。
そういったお悩みには下眼瞼脱脂が有効的です。特にたるみが気になる場合は下眼瞼脱脂(ハムラ法)で膨らみとくぼみをフラットな状態にします。症状が軽度の場合は手軽なFGF注入で対処することが可能です。

目の下のたるみ・膨らみに効果的な施術

医師による解説

目に関しては、年齢層によって傾向が異なるものの、様々なお悩みを抱えている方が数多くいらっしゃいます。
目は、お顔の印象を決めるパーツで、最も重要と言われています。当院には目のお悩みに適した施術が数多くありますが、二重術をご紹介します。10代、20代の方で目を大きくしたい、ぱっちりとした二重にしたいと二重術の施術を受ける方が多くいらっしゃいます。
そのような方は、毎朝の日課としてアイプチをしている方が多いでしょう。ただ、まぶたの皮膚は思っている以上に薄く、デリケートな部分であるので、負担を考慮することが必要です。
その為、最近だと今までアイプチをしていた方が、二重術を受ける傾向になってきています。お客様のお悩みにに合わせてカウンセリングを進めていきますので、ご安心ください。
ベル美容外科クリニック顧問医 飯塚雄久

常勤治療責任者:飯塚 雄久 / 医学博士

  • 日本形成外科学会認定専門医
  • 日本美容外科学会 会員
  • 東京慈恵会医科大学形成外科講師

医師紹介ページへ

目(及びその周り)TOPへ

目(及びその周り)のお悩みをご覧の皆様へ|ベル美容外科クリニック

目(及びその周り)のお悩みのご案内ページです。

目のお悩みは、大きくしたい、目の開きを良くしたいなど形成系のお悩みや、たるみ、シワなど加齢によるお悩みなど幅広くあります。お悩みによって治療方法が異なるため適切な診察が重要です。

ベル美容外科クリニックでは、アンチエイジング、ほうれい線、しわ、シミなどさまざまなお悩みのご相談も承っております。安心・安全を第一に、ご納得いただいてから治療が行えるよう、無料カウンセリングも行っておりますので、お気軽にご相談ください。
 

その他のお悩み

  1. 鼻のお悩み

  2. 小顔(エラ)のお悩み

  3. 唇・口周りのお悩み

  4. アゴのお悩み

メニュー