唇・口周りのお悩み・手術・整形

口の周りは乾燥しやすいので、非常にデリケートなパーツです。
年齢と共に肌の水分を保つ働きのあるコラーゲンやエラスチンが衰えてしまうため、年齢を重ねていくとどうしてもお悩みが増えてしまいます。また口の周りの筋肉も衰えるので、たるみやシワができやすくなってしまいます。
肌が乾燥しているとバリア機能も低下して、紫外線等のダメージを受けやすくなるため、口元のシワが気になる時にはスキンケアでしっかりと保湿し、乾燥を防ぐことが重要です。

唇・口周りのお悩み

唇のお悩み

1.薄い唇をふっくらと厚みのある唇に

最近では、ふっくらとした唇が流行りの傾向にあります。
また女性らしさやセクシーな印象を与えるので、もう少し厚みがあったらと悩んでいる人も多いようです。
口紅を使ったメイク術でカバーすることもできますが、唇が薄いというお悩みを解決する方法としてボリューム感を出す注射がオススメです。

注射の中でも、ヒアルロン酸注射が最も知られています。
ヒアルロン酸そのものは、体内に存在する物質で、多糖類の一種なので、アレルギー反応がほとんど起きないと言われています。
またメスを使用する手術とは異なり、術後の腫れや手術跡の心配もありません。
お顔全体のバランスや横顔の違和感などを総合的に見て、注入箇所と量を決めるので、ナチュラルな唇にできます。

また、ベル美容外科クリニックではFGFの唇への注入も行なっております。
FGF(線維芽細胞増殖因子)を注入することで、線維芽細胞を増殖させてコラーゲンやエラスチンの量を増やすことができます。
ヒアルロン酸と比べて、効果の実感までに時間がかかりますが、効果の持続が長いのが特徴です。

唇が薄いお悩みに効果的な施術

2.唇の縦ジワ

顔のスキンケアはしっかりとやるものですが、唇のほうのケアには注意が行っていないことが少なくありません。唇というのは粘膜の一部が身体の表面に出ている形になっています。
それだけに非常に皮膚が敏感で感じやすいうえに、空気乾燥や紫外線、あるいはクレンジングの刺激をストレートに受けることが多く、そこに加齢やビタミン不足などの要因が重なってくると縦ジワが入ってくることになのです。
リップクリームを塗れば油分を補うことになり、紫外線や乾燥などといった刺激から守ってくれます。

リップクリームを塗るだけでも十分な効果が期待できますが、加齢で出来てしまった縦ジワには、ヒアルロン酸注射がおススメです。
エイジングサインを改善することができるヒアルロン酸注射で、唇の若返りが期待できます。

また、当院では乾燥のお悩みに水光注射をオススメしております。
唇を含めたお肌を直接保湿をしてあげることで乾燥や縦ジワの改善に効果的です。

唇の縦ジワに効果的な施術

口周りのお悩み

3.マリオネットライン・法令線

小鼻の両脇から唇の両端に伸びるラインを“法令線”、口角の横から顎に向かって伸びるラインを“マリオネットライン”と呼びます。
症状が軽度の場合は注射等で膨らみを出してあげることで凹みをフラットに近付けることができます。

無表情でもシワが入ってしまっている、凹みが深い等の進行したお悩みにはリフトアップが効果的な場合もあります。
詳しくは「たるみの悩み・手術・整形」ページも御覧ください。
実際にどの施術が効果的かは診察が必要となる場合がありますので、お気軽に無料カウンセリングをご予約ください。

法令線・マリオネットラインに効果的な施術

4.顎の梅干しジワ

加齢だけでなく、表情の癖から顎・口下にできてしまう“梅干しジワ”。
顎は顔の中でも最も下部にあるパーツで見落としてしまいがちですが、フェイスライン等は最も年齢の印象を左右するとも言われています。
口呼吸ではなく鼻呼吸にする、口周りの筋肉を鍛える等の方法で改善も期待できます。

ベルクリニックでは梅干しジワへのアプローチとして大きく分けて2種類の方法をご提案しています。
まボトックス注射で筋肉の動きを止める方法と膨らみをもたせることで皮膚にハリを与える方法です。

梅干しジワに効果的な施術

口元と唇TOPへ

その他のお悩み

  1. アゴのお悩み・手術・整形

  2. 小顔(エラ)のお悩み・手術・整形

  3. 目の周りのお悩み・手術・整形

  4. 鼻のお悩み・手術・整形

PAGE TOP