たるみのお悩み

たるみは40、50代のお悩みだと思っていますか?実際は20、30代の方の中にもたるみを気にしている方も多くいらっしゃいます。
また、たるみは顔のみならず全身に起こるものです。日頃の生活週間やケアがとても大切ですが、分かっていてもなかなか続けられないという方が多いのではないでしょうか。
日頃のケアと共にお悩みや症状に合わせたベル美容外科クリニックのたるみ治療を是非お試しください。相乗効果でより望ましい効果が期待できます。

筋肉たるみ

お顔でよく使われる筋肉は約30種類ほどあり、筋肉は加齢とともに衰えていってしまいます。
たるみの最も大きな原因は筋肉の衰えとも言われています。
この様な筋肉たるみの改善には表情筋をよく使っていただくことが効果的です。
ですが、ご自身のケアでなかなか改善しないたるみのお悩みには以下の施術で改善が期待できます。

フェイスラインの筋肉たるみ

目周りの筋肉たるみ

筋肉たるみのポイントケア・注射

脂肪たるみ

筋肉が衰えると脂肪を支えられず、脂肪がたるむ(下がる)ため、フェイスラインがもたついてしまいます。
この様な状態では太ってしまった様な印象を与えてしまいます。脂肪たるみに効果的な施術をご紹介します。

フェイスラインの筋肉たるみ

脂肪たるみのポイントケア・注射

皮膚たるみ

加齢が進むと、筋肉とともに脂肪も衰えます。すると、皮膚の下がスカスカになり、余った皮膚がたるみます。
老化だけでなく、太っていた人が急激に痩せることでも同じように皮膚たるみを起こします。この場合、皮下に大量のコラーゲンを補う必要があります。

フェイスラインの皮膚たるみ

目周りの皮膚たるみ

皮膚たるみのポイントケア・注射

医師による解説

シワ、シミに並び、お悩みの声が多いたるみ。
なぜたるみが起きてしまうのでしょうか。たるみを引き起こす原因をご紹介します。
まず、肌の弾力性の低下です。年齢と共に、肌のハリを支えるコラーゲンやエラスチンを産生する力が衰え、弾力性が低下した肌は弛緩し、シワやたるみとなります。
次に代謝機能と筋力の低下を考えます。代謝が落ちると皮下脂肪が厚くなります。
皮膚が支える重量が増え、更に顔の筋肉が衰えると皮膚を支えきれなくなります。
肌だけではなく、頭蓋骨も老化します。エストロゲンが減少すると骨密度が低下し、骨粗鬆症になりやすいと言われていますが、体と同様に顔の骨もその影響を受けています。
顔面骨密度は女性ホルモンが減少する40代から下降するとされています。
骨の質や量が劣化すると骨の形が崩れ、必然的にその上にある肌のたるみやシワにつながってしまうのです。
近年、20代などの若年層で増加してきているのが、スマホたるみです。
スマートフォンを見るとき背中を丸めてうつむく姿勢を続けると、自然と姿勢が悪くなり、フェイスラインが崩れてしまいます。また、眼精疲労は目のたるみにもつながっていきます。
一言でたるみと言っても、アプローチ方法は様々です。気になるたるみに効果的な施術をご提案させていたきます。
ベル美容外科クリニック顧問医 飯塚雄久

常勤治療責任者:飯塚 雄久 / 医学博士

  • 日本形成外科学会認定専門医
  • 日本美容外科学会 会員
  • 東京慈恵会医科大学形成外科講師

医師紹介ページへ

たるみの悩みTOPへ

たるみのお悩みをご覧の皆様へ|ベル美容外科クリニック

たるみのお悩みのご案内ページです。

たるみの原因は、肌の弾力性の低下です。年齢と共に、肌のハリを支えるコラーゲンやエラスチンを産生する力が衰え、弾力性が低下した肌は弛緩することでたるみとなります。

ベル美容外科クリニックでは、アンチエイジング、ほうれい線、しわ、シミなどさまざまなお悩みのご相談も承っております。安心・安全を第一に、ご納得いただいてから治療が行えるよう、無料カウンセリングも行っておりますので、お気軽にご相談ください。
 

その他のお悩み

  1. 頬のこけのお悩み

  2. 肌質改善のお悩み

  3. ニキビ、ニキビ跡のお悩み

  4. シワのお悩み

  5. 見た目年齢のお悩み

  6. シミ・くすみのお悩み

メニュー