頬のこけのお悩み

ふっくらとした頬は若々しさの象徴。年齢と共に皮膚がたるみ、頬がこけてしまうと老けた印象や疲れた印象を与えてしまいます。
特に、痩せ型の体質の人の中には、この様なお悩みを抱えているという人が少なくありません。
例えば、赤ちゃんのほっぺたを思い浮かべてみると良いかもしれません。
生まれたての赤ちゃんや小さな子供たちの多くは、丸々としたほっぺたを持っていることが一般的です。
実は、心理学的にも丸顔は可愛く、童顔に見られやすいのです。

加齢とこけの関係性

加齢とたるみの関係

頬のコケの大きな要因は「加齢による頭蓋骨の縮小」と言われています。
人間は30歳の頃から顔も体も後退していくのと同様に頭蓋骨も縮小していきます。
骨が縮小していくのと同時に、脂肪や筋肉も萎縮、減少していってしまいます。
このような要因で頬だけでなく、こめかみや顎などのボリュームが失われてひどく窪んでしまいます。

頬のこけの治療法

お肌全体を若々しくふっくらとした印象に

気になる窪みをピンポイントでケア

医師による解説

疲れている、老けて見えるなど、見た目の印象を左右する頬のこけはどのようにして起きてしまうのでしょうか。
頬骨が張っている方や、顔がやせ型の方は元々頬がこけやすい傾向にあるとされています。
次に考えられるのは、老化です。加齢に伴いハリや弾力、潤いが失われて顔がたるむと、頬の上がくぼんで見えるようになります。
また、年齢に関係なく生活習慣によっても頬のこけは起き得ることです。
頬杖をつく癖や噛み合わせが悪いと顎が曲がり、片方の頬のみがこけてしまう可能性も。
頬のこけの施術には、一般的にヒアルロン酸注入や脂肪注入があります。
当院では、自己の線維芽細胞が増殖するため、吸収されず長期間の効果が期待できるFGF注入をオススメしております。
ベル美容外科クリニック顧問医 飯塚雄久

常勤治療責任者:飯塚 雄久 / 医学博士

  • 日本形成外科学会認定専門医
  • 日本美容外科学会 会員
  • 東京慈恵会医科大学形成外科講師

医師紹介ページへ

頬のこけの悩みTOPへ

頬のコケのお悩みをご覧の皆様へ|ベル美容外科クリニック

頬のこけのお悩みのご案内ページです。

頬のこけが目立ってしまう原因として、遺伝が大きいとされています。また、生活習慣や表情の癖、老化なども関係します。

ベル美容外科クリニックでは、アンチエイジング、ほうれい線、しわ、シミなどさまざまなお悩みのご相談も承っております。安心・安全を第一に、ご納得いただいてから治療が行えるよう、無料カウンセリングも行っておりますので、お気軽にご相談ください。
 

その他のお悩み

  1. シワのお悩み

  2. シミ・くすみのお悩み

  3. 毛穴のお悩み

  4. たるみのお悩み

  5. 肌質改善のお悩み

  6. 見た目年齢のお悩み

メニュー