シミ・くすみのお悩み

シミとくすみは、来院されるお客様のお悩みの中でもとても多いご相談内容です。
一見「シミ」と「くすみ」が同じように見えるという方も多いのではないでしょうか?
しかし、医学的にはシミと顔のくすみは異なるものとされています。
シミやくすみの違いやそれぞれのお悩みに合わせた施術をご紹介します。

シミの原因と種類

シミとは、メラニン(黒色色素)が、加齢や乾燥、紫外線ダメージによって肌に蓄積された状態のことで、後天的な色素沈着の総称です。
シミにはいくつか種類がありますが、妊娠や閉経などホルモンバランスの変化やストレスなど精神的な影響が原因となる場合もあります。
代表的なシミを5種類ご紹介します。

老人性色素斑

老人性色素斑 一般的にシミと呼ばれるほとんどがこの“老人性色素斑”で紫外線を浴びることでできてしまいます。シミの境界線が比較的はっきりしているのが特徴です。いくつかのシミの種類の中でもレーザー治療が効果的なシミです。

雀卵斑(じゃくらんはん)、そばかす

雀卵斑(じゃくらんはん)、そばかす 遺伝的な影響が強いとされ、頬や鼻の周辺など顔の広範囲に点々状に現れる5mm以下のシミで“そばかす”として広く知られています。
顔だけでなく、肩や腕など紫外線に当たりやすい場所に出ることもあります。

脂漏性角化症

脂漏性角化症 中年以降の高齢者に非常に多く見られることから、俗に“老人イボ”とも言われる良性の腫瘍です。紫外線の影響や加齢による老化が原因で皮膚のどこにでも現れ、膨らみや厚みを伴う茶色いシミです。

肝斑

肝斑 女性ホルモンやストレスの影響でできるとされているシミです。
左右対称にほとんど同じサイズ、形で現れるのが特徴です。一般的なシミのケアではほとんど効果がありません。

炎症性色素沈着 ニキビや湿疹、傷、火傷、虫さされなどの炎症が発生した後にメラニンが沈着してできるシミです。
炎症後、肌の新陳代謝(ターンオーバー)が滞り、メラニンが蓄積されることでシミとなります。紫外線が原因ではありませんが、炎症後に紫外線を浴びてしまうことで症状が悪化してしまいます。

くすみの原因と種類

くすみとは、一般的に肌に透明感がなく、明るさや艶が感じられない実際よりも肌トーンが暗く見える肌状態のことを言います。
主な原因として“紫外線によるくすみ”“血行不良によるくすみ”“乾燥によるくすみ”などいくつかのタイプがあります。
改善方法も様々ですが、1年を通した紫外線対策、保湿、十分な睡眠等の生活習慣の改善等はくすみだけでなく美肌には欠かせません。

気になるシミに

潜在シミ・肝斑に

お肌全体のトーンアップに

医師による解説

シミとくすみができてしまう原因には、表皮が大きく関係しています。
表皮内の一番下にある基底層。その基底層の細胞は形を変えながら分裂をし、皮膚表面に押し上げられ最後は肌の表面から剥がれ落ちていきます。
通常は、約28日周期でそのターンオーバーを繰り返します。しかし、ターンオーバーのサイクルが乱れるとメラニン色素が過剰に作られ、やがてそれらがシミとなります。
シミとくすみについてのお悩みは、性別を問わず多くの方が抱える問題です。
出来てしまったシミをピンポイントで除去したい方、肌全体のトーンアップや肌質改善をしたい方など患者様ひとりひとりに合った施術をご提案させていただきます。
ベル美容外科クリニック顧問医 飯塚雄久

常勤治療責任者:飯塚 雄久 / 医学博士

  • 日本形成外科学会認定専門医
  • 日本美容外科学会 会員
  • 東京慈恵会医科大学形成外科講師

医師紹介ページへ

シミ・くすみTOPへ

シミ・くすみのお悩みをご覧の皆様へ|ベル美容外科クリニック

シミ・くすみのお悩みのご案内ページです。

ターンオーバーのサイクルが乱れるとメラニン色素が過剰に作られ、やがてシミとなって現れます。
また、ターンオーバーの乱れは肌表面にどんよりとしたくすんでいる印象を与えてしまいます。

ベル美容外科クリニックでは、アンチエイジング、ほうれい線、しわ、シミなどさまざまなお悩みのご相談も承っております。安心・安全を第一に、ご納得いただいてから治療が行えるよう、無料カウンセリングも行っておりますので、お気軽にご相談ください。
 

その他のお悩み

  1. たるみのお悩み

  2. シワのお悩み

  3. 見た目年齢のお悩み

  4. ニキビ、ニキビ跡のお悩み

  5. 毛穴のお悩み

  6. 肌質改善のお悩み

メニュー