ニキビ、ニキビ跡のお悩み・手術・整形

ニキビを無理矢理潰してしまったり、ニキビの炎症を放置してしまった経験はありませんか?
このような状態で放置してしまうとお肌がダメージを受け、ニキビが治ってもニキビ跡が残ってしまいます。
しかし、反対にお肌の代謝が落ち、毛穴のつまりや角栓を出せずにいると、炎症が残ってしまい悪化してしまう可能性もあります。
そのため、ニキビが炎症を起こしているときは皮膚科等での処置が重要です。
それでも、ニキビ跡やクレーターが残ってしまった場合、ベルクリニックではFGF注入やレーザー治療をオススメしています。

ニキビ跡の種類

赤みのあるニキビ跡

赤みのあるニキビ跡

赤みのあるニキビ跡はニキビと勘違いしやすいですが、多くの場合は肌の内部で炎症が残っている状態で赤みが出ます。
また、炎症によってうっ血(血が滞っている状態)しているケースもあります。
症状の範囲が小さかったり、健康的な肌状態であれば、時間の経過とともに自然に消滅していきます。

色素沈着したニキビ跡

色素沈着によるニキビ跡

色素沈着によるニキビ跡は2種類に分類され、ひとつは「紫色の色素沈着」です。
ニキビができているときに炎症が起き、毛細血管が切れると内出血が起きます。やがて血は固まり、アザと同じようにと紫色に変色していきます。
このような色素沈着は“赤みのあるニキビ跡”と同じように時間とととに自然消滅しますが、ターンオーバーを早めるような処置をすることで早く改善できます。
もう一つは、「茶色い色素沈着」でニキビを放置してメラニンが分泌されることで茶色い色素沈着を起こします。

色素沈着したニキビ跡に効果的な施術

クレーター状のニキビ跡

クレーター状のニキビ跡

スキンケア等では治すことが難しいとされているクレーター状のニキビ跡です。
クレーター状のニキビ跡は、著しい炎症ニキビやニキビによってできた傷が深い皮膚組織に達し、修復できない状態です。
ターンオーバーを行うのは表皮までなので、真皮層が傷付いてしまうと自己修復は行われません。
ベル美容外科クリニックではクレーター状のニキビ跡にはFGF注入をオススメしています。

クレーター状のニキビ跡に効果的な施術

ニキビ、ニキビ跡TOPへ

その他のお悩み

  1. 見た目年齢のお悩み・手術・整形

  2. たるみのお悩み・手術・整形

  3. シワのお悩み・手術・整形

  4. 毛穴のお悩み・手術・整形

  5. 頬のこけのお悩み・手術・整形

  6. 肌質改善のお悩み・手術・整形

PAGE TOP