ニキビ、ニキビ跡のお悩み

ニキビを無理矢理潰してしまったり、ニキビの炎症を放置してしまった経験はありませんか?
このような状態で放置してしまうとお肌がダメージを受け、ニキビが治ってもニキビ跡が残ってしまいます。
しかし、反対にお肌の代謝が落ち、毛穴のつまりや角栓を出せずにいると、炎症が残り悪化してしまう可能性もあります。
そのため、ニキビが炎症を起こしているときは皮膚科等での処置が重要です。
それでも、ニキビ跡やクレーターが残ってしまった場合、ベルクリニックではFGF注入やレーザー治療をオススメしています。

ニキビ跡の種類

赤みのあるニキビ跡

赤みのあるニキビ跡

赤みのあるニキビ跡はニキビと勘違いしやすいですが、多くの場合は肌の内部で炎症が残っている状態で赤みが出ます。
また、炎症によってうっ血(血が滞っている状態)しているケースもあります。
症状の範囲が小さかったり、健康的な肌状態であれば、時間の経過とともに自然に消滅していきます。

色素沈着したニキビ跡

色素沈着によるニキビ跡

色素沈着によるニキビ跡は2種類に分類され、ひとつは「紫色の色素沈着」です。
ニキビができているときに炎症が起き、毛細血管が切れると内出血が起きます。やがて血は固まり、アザと同じようにと紫色に変色していきます。
このような色素沈着は“赤みのあるニキビ跡”と同じように時間とともに自然消滅しますが、ターンオーバーを早めるような処置をすることで早く改善できます。
もう一つは、「茶色い色素沈着」でニキビを放置してメラニンが分泌されることで茶色い色素沈着を起こします。

色素沈着したニキビ跡に効果的な施術

クレーター状のニキビ跡

クレーター状のニキビ跡

スキンケア等では治すことが難しいとされているクレーター状のニキビ跡です。
クレーター状のニキビ跡は、著しい炎症ニキビやニキビによってできた傷が深い皮膚組織に達し、修復できない状態です。
ターンオーバーを行うのは表皮までなので、真皮層が傷付いてしまうと自己修復は行われません。
ベル美容外科クリニックではクレーター状のニキビ跡にはFGF注入をオススメしています。

クレーター状のニキビ跡に効果的な施術

医師による解説

ニキビは、日本人のほとんどの方が経験したことがあると言われているほど身近なお悩みの1つ。
10代から頻繁に見られ、大人になってもお悩みの方が多くいます。
「ニキビ」「吹き出物」などの呼び名に馴染みがありますが、尋常性ざ瘡という皮膚疾患の通称なのです。
どうしてニキビの跡が残ってしまうのでしょうか。
手や髪の毛でニキビに触れることにより状態が悪化したり、日焼けをしてしまうとニキビが改善するまで時間がかかり、ニキビ跡が残ることがあります。
また、食生活の乱れや睡眠不足などにより、悪いコンディションが続くことも原因の一つです。
赤みのあるニキビ跡は、一般的には炎症が治ると時間の経過とともに改善していきますが、血液中のヘモグロビンが皮膚の奥に沈着すると治りが遅くなるので注意が必要です。
色素沈着したニキビ跡は、メラニンの発生量が増えると、皮膚に沈着してシミのような跡が残ってしまう可能性があります。
そのメカニズムは日焼け後と似ています。
なかなか消えないニキビ跡には金の糸美容術と水光注射を、クレーターと呼ばれる、凹凸の目立つニキビ跡にはFGF注入をオススメします。
ベル美容外科クリニック顧問医 飯塚雄久

常勤治療責任者:飯塚 雄久 / 医学博士

  • 日本形成外科学会認定専門医
  • 日本美容外科学会 会員
  • 東京慈恵会医科大学形成外科講師

医師紹介ページへ

ニキビ、ニキビ跡TOPへ

ニキビ、ニキビ跡のお悩みをご覧の皆様へ|ベル美容外科クリニック

ニキビ、ニキビ跡のお悩みのご案内ページです。

10代から頻繁に見られ、大人になってもお悩みの方が多く見られる「ニキビ」。「吹き出物」などの呼び名にも馴染みがありますが、尋常性ざ瘡という皮膚疾患の通称なのです。

ベル美容外科クリニックでは、アンチエイジング、ほうれい線、しわ、シミなどさまざまなお悩みのご相談も承っております。安心・安全を第一に、ご納得いただいてから治療が行えるよう、無料カウンセリングも行っておりますので、お気軽にご相談ください。
 

その他のお悩み

  1. 頬のこけのお悩み

  2. 見た目年齢のお悩み

  3. シワのお悩み

  4. 毛穴のお悩み

  5. 肌質改善のお悩み

  6. たるみのお悩み

メニュー