毛穴のお悩み

折角お肌のお手入れを丁寧に行なっていても毛穴が開いていると、気になってしまいますよね。
毛穴が大きく開いているのは脂性肌の人というイメージがあるかもしれませんが、乾燥肌の人でも毛穴が目立ってしまう場合があります。
毛穴が開いてしまう要因として、主に“乾燥”と“加齢”が知られています。

乾燥による角栓詰まり毛穴

乾燥による角栓詰まり毛穴

乾燥が毛穴の開きの原因となるイメージはしにくいですよね。
エアコンなどで肌が乾燥してしまうと、表皮の潤いを保とうと活発に皮脂が分泌されます。この皮脂の分泌が正常に行であれば毛穴が目立つ状態にはなりません。
しかし、過剰な皮脂分泌が続くことで毛穴が詰まりやすくなり、開いた状態になるのです。開いた毛穴に皮脂が残る状態が続くと酸化に繋がり、黒ずみやくすみなども併発してしまう可能性があります。
これらの改善には、毛穴からの正常な皮脂分泌とターンオーバー、適切な保湿が重要となります。

加齢によるたるみ毛穴

加齢によるたるみ毛穴

もう一つは、加齢によるお肌のたるみ(下垂)から起こる毛穴の開きです。このようなたるみ毛穴を帯状毛穴と言います。
加齢により、自己生成力が低下し、ハリや弾力が失われ、たるみ毛穴が起こります。
このたるみ毛穴の改善には、肌の生まれ変わりを促進し、肌そのものの再生を促す施術が効果的です。

毛穴のお悩みに効果的な施術

医師による解説

毛穴のお悩みとして多いのが「開き」「たるみ」「黒ずみ」です。それぞれの原因をお話しします。

開き毛穴

過剰な皮膚分泌によって毛穴が押し広げられた状態です。鼻、鼻周辺に毛穴が目立ちやすいとされています。特徴は、毛穴が丸く開いている、メイクが崩れやすい、など。脂性肌の方や10代の思春期の方に見られるタイプです。

たるみ毛穴

30代ほどから目立ち始めることの多いたるみ毛穴。肌のハリや弾力を保つ役割をしているコラーゲンやエラスチンが、加齢によって減少することにより肌が弛緩し、毛穴の周りがしずく型で縦長に伸びている状態です。
一度たるんでしまった毛穴を元に戻すのは難しく、早めの予防が肝心です。

黒ずみ毛穴

「いちご毛穴」とも呼ばれることがある毛穴の黒ずみは、毛穴が詰まって角栓となり、汚れが溜まった状態でその角栓が酸化して黒ずむことが原因とされています。毛穴の汚れを取り除くクレンジングなどのケアがオススメです。

ベル美容外科クリニック顧問医 飯塚雄久

常勤治療責任者:飯塚 雄久 / 医学博士

  • 日本形成外科学会認定専門医
  • 日本美容外科学会 会員
  • 東京慈恵会医科大学形成外科講師

医師紹介ページへ

毛穴の悩み・手術・整形OPへ

毛穴のお悩みをご覧の皆様へ|ベル美容外科クリニック

毛穴のお悩みのご案内ページです。

毛穴のお悩みには、「開き毛穴」「たるみ毛穴」「黒ずみ毛穴」などの種類があります。毛穴悩みの種類によって、原因や治療方法が異なり、早めのケアが重要です。

ベル美容外科クリニックでは、アンチエイジング、ほうれい線、しわ、シミなどさまざまなお悩みのご相談も承っております。安心・安全を第一に、ご納得いただいてから治療が行えるよう、無料カウンセリングも行っておりますので、お気軽にご相談ください。
  

その他のお悩み

  1. たるみのお悩み

  2. 頬のこけのお悩み

  3. 肌質改善のお悩み

  4. シミ・くすみのお悩み

  5. 見た目年齢のお悩み

  6. ニキビ、ニキビ跡のお悩み

メニュー